2008年09月25日

心理学の誕生

2008092044010_3.jpg心理学の講座を受ける前に、そもそも心理学とはいつどのように、どこで誕生したのかを見てみましょう。

「心理学」という言葉は、ギリシア語での「心」と「論理」という言葉を組み合わせたもの。
このような語源から考えても、心理学が「心」とは何なのかを追及した学問だということが伺えますね。
もちろん、このような言葉が明確にされる以前から心については考えられてきました。
しかし、心理学が「科学」として独立したのはほんの今から百数十年しか経っていないのです。
ちょっと意外ですね。
心については色々考えられてきましたが、証明する事がとても難しい事からこのような歴史しかないのだと考えられます。

心理学は19世紀にドイツで誕生しました。後に「心理学の父」と呼ばれたW・ヴントは本当の専門は生理学だったそうです。
しかし生理学はこの時代に衰えてきていて、哲学の教授となりました。
結果的にこの転身が心理学につながっていったといわれています。
なぜならば、「人間とは何か」という哲学的関心と、生理学という自然科学の方法が結びつく事となったからなのです。
1879年に看板を掲げた「心理学実験室」は、全て彼のポケットマネーによるものでしたがここから近代の心理学は始まったんです。

彼のもとで心理学の講座で学んだ学生から、多くの心理学者が巣立っています。
その多くがアメリカ人であった為、ドイツで生まれた心理学の発展はアメリカで進んでいく事に繋がっていきます。



posted by やましん at 21:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。