2008年09月29日

ヴントの心理学

「心理学の父」と言われたヴントはどのような学説を講座などで発表したのでしょうか?
ヴントは心を実体として捉えるのではなく、ある瞬間に意識にのぼった経験の全体だと考えました。
んっ、ちょっとわかりにくいですね。
人間に意識されるあらゆる経験が実験の対象になりました。
彼は被験者に色々な刺激を与え、その瞬間にどのような事を意識したかという報告を求めました。
この実験の方法を「内観法」といいます。

例えばちょっと目を閉じてみると、どのような事を思うでしょうか?
車の音や時計の音、外の様々な音が意識されるでしょう。
しかし、あなたの意識は、こうした「感覚」だけをとらえるわけではありません。
人によっては子供のころのことを思い出すでしょうし、昨日のことが思い浮かぶこともあるでしょう。
このような人間の意識に与えられる影響が、どのような要素から成り立っているかを詳しく分析していったものなのです。

ヴントは心的要素を結合して一つのまとまりとしてとらえる能動的な働きが人間の心には備わっていると考え、これを「統覚」と呼びました。

心理学の講座で使われる教科書の中には、彼の学説を「構成主義」と呼び、彼が心的要素が機械的に統合されたものが人間の意識であると考えたかのように記されているものがあります。
しかしこれは誤解だと思います。
「ね」「こ」という文字を見て、これをばらばらには人間はとらえませんよね。
「猫」という一つの言葉として認識する働きが心にはあるのです。

ヴントの他にも学説を唱えた学者はいましたが、ドイツの哲学的伝統として「はじめに全体あり基」という考え方が見られます。
この考え方を突き詰めると、「個よりも全体を優先させる」というナチズムの考えにつながっていく事も心理学から考えると非常に興味深いものです。


posted by やましん at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。