2008年10月14日

日本の心理学の研究

2008092045041_2.jpgドイツで生まれた心理学は、日本にはどのように伝わってきたのでしょうか?

日本で心理学の講座を学ぶ私たちは知っておいたほうがいいでしょうね。
「心理学」という日本語を作ったのは幕末から明治初期にかけて、欧米の科学紹介に深くかかわった、哲学者の西周(にし あまね)です。
イギリスの心理学者の著作を翻訳したときに、訳語として「心理学」という言葉をあてたのです。

心理学者として、明治期の代表すべき学者は元良勇次郎(もとら ゆうじろう)です。彼はアメリカの大学に留学し、日本人として初めての学位を取得しました。
帰国後、東京帝国大学(現 東大)の教授となり、講義するかたわら心理学実験室を開設しました。
いわゆる、「日本のヴント」ですね。

大正期の代表的な心理学者は松本亦太郎(まつもとまたたろう)が挙げられます。
彼はアメリカのエール大学に留学し、さらにはドイツに渡ってヴントの心理学実験室で学びました。
1900年に帰国してから、京都帝国大学(現 京大)の教授となり、ここに心理学実験室を作り講座を開きました。その後、元良が亡くなったことを受けて、東京帝国大学教授となり日本心理学会を創設し初代会長となりました。

昭和期に入ると、九州帝国大学(現、九大)教授の佐久間鼎(さくまかなえ)らが中心となりゲシュタルト心理学(ヴントに反する勢力)が盛んに取り上げられ、戦中から戦後にかけて日本の心理学に多大な影響を与えました。
日本の心理学はヴントに始まって、主にドイツを中心とした心理学の歴史を辿ります。



posted by やましん at 22:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。