2009年02月23日

記憶のメカニズム

2008121142802_1.jpg心理学の講座のうえで、記憶についてはおもしろいところなので追加して述べていきたいと思います。
まず物事は3つのプロセスを経て記憶されます。その3つとは、記銘・保持・想起(再生と認識)の3段階です。
 
「記銘」とは、物事を頭のなかなどで反復したり(これをリハーサルという)、イメージを膨らませたりして記憶しようとすることです。
例えば電話番号を覚えるのに、何度も復唱し、年代を語呂合わせで覚えようとすることがこれにあたります。

「保持」とは、記銘によって記憶されたことがらを、長く保っておくことですが、これは外からは観察しにくいことです。
次の「想起」が可能かどうかで、記憶が保持されているかどうかが確認できるだけなのです。

「想起」とは、保持されたことを思い出すことであり、「再生」と「再認」の2種類があります。再生とは、記憶内容を言葉などであらわすことです。
再認とは、すでに経験したことのあるものをそのとおり確認できることで、たとえば知っている歴史上の人物の名前が試験に出たとき、その名前が既知のものであるとわかることなのです。

過去に自分がよく通った道の幅が、行ってみると意外に狭かったということが経験としてあるでしょう。
これは記憶が「変容」しているといえるのです。
記憶されたことがらは、再生されるときにある部分が強調されたり、単純化されたりして、もとのものとは変化するといわれるのです。
 
また、記憶は個人の定義によっても変化すると言われています。
犯罪などの現場での目撃証言は、その個人がどの程度犯罪者にとって偏見のようなものを持っているかによって、「目撃」しているのにも関わらず同じ証言にはならないというのも知られたことですよね。

人の記憶は不思議さと面白さに溢れているのです。



posted by やましん at 14:39| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TB有難うございます。「記憶のメカニズム」について参考になりました。いずれそれらを上手に使った「面白中学の三年間とその後、私の記憶術」なるものを発表したいと考えています。原稿はすでに完成しています。若い頃より興味があって独学で勉強してきたものです。自分の人生やプレゼンに利用してきました。実際、地域婦人会などで長い間話をしてきた経過があります。いずれにせよ、がんばってください。 尚、「知恵比べ」のブログも覗いていただければ幸いです。
Posted by 不思議な玉手箱 at 2009年02月27日 16:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。